そのストレス、人間関係が原因では?カラーコミュケーションで対処しよう!

こんにちは、カラースペシャリスト!心色デザイナーの原美保子です。

今回は、カラーコミュケーションという、色の力を利用して、自分の気持ちや相手の気持ちを伝えることができるコミュニケーションスキルについてご紹介します。

カラーコミュケーションで非言語力を味方にすると、自分の意見や感情を上手に伝えられるようになります。自分の意見や感情を上手に伝えられるようになったら、ストレスは軽減しますよね!

人と話すときに、「言わなくてもわかるでしょっ!」て言葉を省いたりしたりしていませんか?相手のせいではなく、自分の伝え方が下手なだけかもしれません。

このブログでは、コミュニケーションが上手な人と苦手な人の違いや、カラーコミュケーションなどの自分の気持ちに正直になる方法を紹介します。

人と話すことが苦手な方や、自分の気持ちを伝えたい方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

ストレスの大半は人間関係?

自分の意見や感情を上手に伝えられないことで、ストレスや疲れが溜まるといわれています。

カラーコミュケーションで非言語力を味方に、コミュケーションスキルを磨いて、自分の意見や感情を上手に伝えられるようになったら、ストレスは軽減しますよね!

以下のようなデーターがあります。

  • メディア運営などを行なう株式会社メルセンヌが昨年10月に公表した、仕事上のストレスについての調査結果では、「ストレスと感じることランキング」の1位が「職場の人間関係」だったということです。
  • 日本労働調査組合が昨年6月に実施した「職場の人間関係に関するアンケート」によれば、職場の人間関係を理由に退職、転職を検討したことがある人は58.5%にのぼったということです。

これらのデーターから、ストレスの大半は人間関係などということが分かります。人間関係に悩む人は、自分の気持ちに正直になって、気持ちを伝えてみることが大切です。

コミュニケーション上手な人と苦手な人?

人と話すときに、人と話すときに、「言わなくてもわかるでしょっ!」て言葉を省いたりしたりしていませんか?それは相手のせいではなく、自分の伝え方が下手なだけかもしれません。

コミュニケーションが上手な人と苦手な人の違いを整理してみましょう。

コミュニケーションが上手な人は、相手の話をしっかり聞き、共感したり質問したりして会話を盛り上げることができます。相手の目を見て笑顔で話し、考え方や感じ方を尊重します。

話の目的や順序を明確にし、相手に伝わりやすい言葉を選び、自分の話だけでなく、相手にも話す機会を与え、自分の価値観を押し付けず、時には譲ることもできます。

コミュニケーションが苦手な人は、相手の話に興味を持たず、自分の話ばかりをします。相手の目を見ないで話し、表情が硬くなります。

話の目的や順序が不明瞭で、相手に伝わりにくい言葉を使います。自分から話しかけるのが怖く、人と関わることに疲れます。自分の価値観を押し通そうとし、相手の意見に耳を傾けません。

講師やカウンセラーなら、もっと大変!

講師やカウンセラーなら、コミュニケーションがもっと大変だと思います。生徒やクライアントの悩みや問題に対して、よ~く話を聞き(傾聴)適切なサポートをする必要があります。

そのためには、相手の気持ちや状況を深く理解し、信頼関係を築くことが重要です。しかし、それは簡単なことではありません。自分の感情や価値観に影響されずに、客観的に相手を見ることができるでしょうか?

自分の気持ちに正直になる秘訣!

自分の気持ちに正直になって、分の気持ちを伝えることで、相手に自分のことを理解してもらえる可能性が高まります。また、自分の気持ちを言葉にすることで、自分の感情や思考を整理することができます。

例えば、「あなたは私のことを分かってくれない」と言うのではなく、「私はあなたに分かってほしいと思っている」と言うように、相手の気持ちにも配慮しながら、自分の気持ちを伝えることができれば、コミュニケーションの質が向上します。

カラーコミュケーションとは?

カラーコミュケーションとは、色の力を利用して自分を表現し、相手に自分のことを理解してもらえる方法です。また、相手の気持ちにも配慮しながら、楽しくコミュケーションのやり取りをする方法です。

色には、心身のバランスを整える効果が期待できます。カラーコミュケーションが学べるTCカラーセラピスト講座でrは、色のついたボトルや色の解説本などを使って、自分や相手の深層心理を探ります。

選んだ色の意味と向き合うことで、自分の気持ちを言葉にする習慣が身につきます。しての話を聞く、傾聴が学べます。コミュケーションを高める方法は色々ありますが、楽しくカラーコミュニケーションが学べる、TCカラーセラピスト講座をお勧めします。

まとめ

このブログでは、カラーコミュケーションという方法を紹介しました。カラーコミュケーションとは、色の力を利用して、自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを読み取ったりすることです。

色には、心や体に影響を与える効果があります。色を使って、非言語力を味方にして、コミュニケーションスキルを磨いてみませんか?

カラーコミュケーションには、5時間で資格が取得できる、TCカラーセラピスト講座がお勧めです。

カラーセラピーを受けることで、自分の気持ちに正直になり、コミュニケーションの質を向上させることができます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。それでは、また次回お会いしましょう。


カラーセラピーにご興味のある方はこちらをご覧ください

1日でカラーセラピストについてはこちらをご覧ください
カラーセラピスト講座

カラーセラピーシステムについてはこちらをご覧ください。
「TCカラーセラピー講座一覧

色と人類のかかわりについて知りたい方はこちら
カラーセラピーとは?色と人類の歴史

関連記事

  1. カラーセラピーで心の声を聴く大切さ!勉強会参加者の変化のスト…

  2. 【TCマスターカラーセラピスト講座】色彩心理で心のケアを学ぶ…

  3. カラーメディテーションでストレス解消 !マスターカラーセラピ…

  4. TCマスターカラーセラピストが受講できる「公式勉強会」のご紹…

  5. 【TCカラー セラピスト公式勉強会】カラーセラピーの学びを深…

  6. カラーセラピーの学びにおける「3つの無い」とその克服法

TCカラーセラピーの講座コース
LINEでお友達登録
カラータイプの講座コース
オンラインカウンセリングで予防対策

アーカイブ