色で彩るお月見:中秋の名月とスーパームーンの魅力!

秋の夜空に輝く満月は、古来より人々の心を惹きつけてきました。中秋の名月と呼ばれるこの時期は、旧暦の8月15日に見られる月のことをいい、お月見は収穫に感謝する風習となり、白く丸い団子をお供えして、月の光を浴びながら自然の恵みに感謝するのが一般的です。このお団子は、本来は15個用意するのが正式ですが、食べきれない場合は、気持ちの数で構いません。月見団子は、月餅という中国のお菓子が由来で、丸い形が満月を象徴しているところから用いられるようになりました。

中秋の名月と同じ日に見える満月をスーパームーンといい、月と地球が最接近するタイミングと満月のタイミングが近いときに見られ、特に大きく明るい満月のことです。スーパームーンは、一年に数回しか見られない珍しい現象で、中秋の名月と同じ日になるのは、8年に一度のことです。天気が良ければ、今年はとても美しい中秋の名月を楽しむことができます。

この記事では、中秋の名月と満月の関係や、お月見の風習や歴史、色の魅力につい、色の専門家である私がお伝えします。

目次

中秋の名月と満月の関係について

中秋の名月とは、旧暦の8月15日に見られる月のことをいいます。この時期に収穫に感謝するお月見の風習があり、白く丸い月見団子をお供えして、月の光を浴びながら自然の恵みに感謝します。しかし、中秋の名月が必ずしも満月になるとは限らず、中秋の名月と満月の日付がずれることはよくある現象で、そいれは、旧暦と新暦の違いや、月の公転周期の変化によるものです。
詳しくは、国立天文台暦計算室ウェブサイトの「名月必ずしも満月ならず」をお読みください。1

月と地球が最接近するタイミングと満月のタイミングが近いときに見られる、特に大きく明るい満月のことをスーパームーンといい、一年に数回しか見られない珍しい現象なのですが、中秋の名月とスーパームーンが同じ日になるのは2021年9月21日で、次は8年後、8年に1度やってきます。

お月見の風習や歴史について

月を眺めて楽しむ風習の起源は古く、中国にまで遡ります。 中国では、旧暦の8月15日に月を見て、収穫や家族の幸せを祝う習慣がありました。 それが、平安時代に日本に伝わり、貴族の間で「観月の宴」として行われるようになっていきました。

月を見ながらお酒を飲んだり、和歌を詠んだり、舟遊びをしたりするなど、雅な楽しみ方がされ、江戸時代になると、庶民の間でも広まり、月や収穫物にちなんだものを食べたり、お供えしたりする風習が定着しました。

お月見は、日本だけでなく、中国や韓国やベトナムなどのアジアの国々でも行われる伝統的な行事で、自然の恵みに感謝するとともに、月の美しさや神秘性に魅了されることができる素敵な風習なのです。

色の魅力には以下のようなものがあります。

  • 色は、光の反射や屈折によって生まれる現象であり、自然界には無数の色が存在し、自然の驚異や神秘や美しさを感じさせてくれます。
  • 人の感性や感情や気分に影響を与え、人の心を動かしたり、表現したりすることができます。
  • 人の個性や好みや価値観を反映し、人の個性を引き出したり、印象を与えたりすることができます。
  • 文化や歴史や伝統に関係し、文化や歴史や伝統を伝えたり、学んだりすることができます。

このような魅力を知ることで、自分の好きな色や必要な色を取り入れることです。 色のある暮らしを楽しむことができます。

お月見におすすめの色や食べ物について

お月見には、月や収穫物にちなんだものを食べたり、お供えしたりするのが一般的です。 おすすめの色や食べ物には、以下のようなものがあります。

  • 白は、月の象徴的な色で、 白いものを食べたり、お供えしたりすることで、月の光をより感じることができます。 おすすめのべ物は、月見団子や白玉や白菜や豆腐などです。
  • 黄は、収穫の色として象徴的で、黄色いものを食べたり、お供えしたりすることで、豊かさや幸せを感じることができます。 おすすめの食べ物は、栗や柿やかぼちゃや玉子やチーズなどです。
  • 金は、実りの穂や豊かさを象徴する色で、 金色のものを食べたり、お供えしたりすることで、幸せや成功や自信を感じることができます。 おすすめの食べ物は、金箔や蜂蜜やオリーブ油などです。

色のある暮らしで秋の夜を楽しく

この記事では、中秋の名月と満月の関係や、お月見の風習や歴史、色の効果や魅力についてご紹介しました。色の専門家である私は、色の知識や情報を提供することで、読者の興味や関心を引くことができます。

色には、それぞれに意味や感情や印象があり、その効果や魅力について解説し、お月見におすすめの色や食べ物について紹介しました。色のある暮らしを始めて、秋の夜を楽しく過ごしましょう!

色の効果についてもっと知りたい方は、こちらの記事もお読みください。「今日の気になる色は?

関連記事

  1. 65歳は新しい若さ!老後の備えは柔軟に変化に対応できることが…

  2. 七草粥で迎える人日の節句:子どもたちに伝えたい日本の伝統

  3. 色と光で蚊を寄せ付けない!夏服の色選びとは?

  4. 【中秋の名月とスーパームーンの関係】色の効果で月の魅力を引き…

  5. カラーマジックで【非言語コミュニケーション力アップ】

  6. 自分へのご褒美で銀座方舟大吟醸店へ!ヒーリングカラーを決める…

TCカラーセラピーの講座コース
LINEでお友達登録
カラータイプの講座コース
オンラインカウンセリングで予防対策

アーカイブ