色が教えてくれる【自分の心の声】

こんにちは、色と心理の専門家~心色デザイナーの原美保子です。

今日は、私がカラーセラピーに興味を持った理由と、色が自分の心にどのように響くのかについてお話ししたいと思います。

色は、私たちの潜在意識に直接アクセスすることができる素晴らしいツールです。色彩は私たちの味方です。

あなたもカラーセラピーを通して、自分の心の声を聞いてみませんか?色が教えてくれるかもしれませんよ♪

目次

色に惹かれたのは、自分の心が求めていた

私は子供の頃から色に敏感でした。色彩豊かなものに目がいって、絵本や玩具やお菓子を選んでいました。庭先や道端の花の色は私の心を楽しくしてくれるものでした。

しかし、中学、高校と紺色の制服を着るようになって、色に無関心になっていきました。私服も、白と黒が多くなり、無彩色の世界に閉じこもって、色に対する感動や喜びを忘れていきました。

やがて、子どものころからの夢であったファッションデザイナーになり、ドレスのデザインをする中で、色の世界が再び蘇ってきました。

そして、家庭を持ち、子どもが生まれて絵本を読んであげたのをきっかけに、子供の頃に感じた色の楽しさや美しさを、思い出し子どもと一緒に色の世界を楽しみました。

子育てが一段落したある日、カラーセラピーの体験会に参加しました。そこで、ピンクとグリーンとブラウンを選びました。

すると、カラーセラピストの方が、私に言葉をかけてくれました。「あなたは花のように咲きたい人かもしれません」と。

直接的な表現ではなく、暗示的な表現を用いることで、潜在意識に働きかける「メタファー」の手法です。

それは、物語や映画やドラマを見て、主人公に自分を重ねて感情移入して、色々な感情が湧き出るのと似ています。

カラーセラピストの方が言ってくれた言葉に、心が動かされました。私は花のように咲きたいと思っていたのです。自分の心の色を求めていたのです。なんだかすっきりして幸せにな気持ちにりました。

色を使って、自分の心に問いかける

私はカラーセラピーに魅了され、勉強を始めました。そして、カラーセラピストとして、色の意味とポジションの意味とメタファーを使ってカラーセラピーができるようになりました。

その人に合ったヒーリングカラーを提案して、心のバランスを整え、癒しが提供できるようになりました。

今では、心の色をデザインするカラーの仕事が大好きです。色彩は私のパートナーです。

そして、セラピストとして、自分の色を見ることも忘れません。色を使って、自分の心に問いかけるようになりました。

例えば、青を選んだ時に、「あなたは海のように深い人かもしれません」と自分が感じたことを言葉に出して言ってみる。

直接的な表現ではなく、暗示的な表現を用いることで、潜在意識に働きかける「メタファー」の手法を使ってみる。詩や歌や絵を見て、作者の心に触れて、自分の心にも響くのと似ています。

メタファーは、催眠療法家ミルトン・エリクソンの話法の一つです。

TCカラーセラピーのマニュアルの文章は、暗示的な表現を用いることで、潜在意識に働きかける「メタファー」の手法を使っているので、マニュアルを読むことで、セルフリーディングができるようになっています。

しかし、色で心が分かるのは、カラーセラピストが、カラーボトルの置かれたポジションの意味とメタファーを使ってクライアントに色の意味を言葉かけをするから、一人では気づけないことに気づけます。

私は時々、生徒さんにカラーセラピーをしてもらいます。青を選んだ時に「あなたは水のように柔軟な人かもしれません」言われた言葉に、心が反応しました。

私は「水のように柔軟に相手に合わせることができるようになりたい」と思っていたのです。その時、自分の色を知りたいと思っていたので、青を選んだ意味が理解できすっきりしました。

心色を見つめて、明日の心色を創る

私たちの心の色は、感情や思考や性格を表し、心の状態を示します。

しかし、心の色は一定ではありません。私たちの住む世界は常に変化しています。環境や体調や場所や出会いなど、さまざまな要因によって影響を受け、日々変化成長しています。

だからこそ、「今の心の色は?」と向き合う必要があります。今と向き合うことで、心の状態を知ることができ、バランスを整えることができます。また、バランスを整えることで、心の色を変えることができます。

心の色を変えることで、自分の人生を変えることができ、未来を変えることで、自分が望む幸せを創ることができたら素敵ですよね!

カラーセラピーは、自分の心の色を見つめることを助けてくれる方法なので、色の力を使って、心や身体のバランスを整え自分を癒してあげましょう。色の意味や効果を使って、自分の心の色を変えることもできます。

まとめ

今回は、私がカラーセラピーに興味を持った理由と、色が心にどのように響くのかについてお話ししました。

色は、私たちの潜在意識に直接アクセスすることができる素晴らしいツールです。

自分の色を見つければ、自分自身を癒やすことができます。他の人の色も見ることができれば、他の人も癒やすことができます。

カラーセラピストは、自分自身をまず癒すことが大切な職業です。そして他人も癒やす職業です。

色彩を味方につけて、色が教えてくれる、自分の心の声をあなたも聞いてみませんか?

カラーセラピーで、自分の色を見つけてみませんか?


1日でカラーセラピストについてはこちらをご覧ください
カラーセラピスト講座
カラーセラピーシステムについてはこちらをご覧ください。
「TCカラーセラピー講座一覧

他のカラーの講座を知りたい方はこちらをご覧ください
カラーコンサルタント虹輝心公式サイト

関連記事

  1. 心色デザインとは?カラーセラピー×アロマキャンドルで心に笑顔…

  2. 新年の計をカラーカードで決めよう

  3. 【色彩脳育レッスン】やる気が出ないあなたの心を色でデザインす…

  4. 色で彩る新年の抱負!色彩心理で目標達成のコツ

TCカラーセラピーの講座コース
LINEでお友達登録
カラータイプの講座コース
オンラインカウンセリングで予防対策

アーカイブ