みどりの日の由来と意味を知ろう!

みどりの日とは、自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむことを目的とした祝日です。この日は、なぜみどりの日と呼ばれるのでしょうか?また、この日は何を大切にどう過ごしたらよいのでしょうか?この記事では、その由来と意味について、色の専門家であるカラーセラピスト養成スクールの主宰者である原 美保子が解説します。

みどりの日は、自然とのつながりを感じることで、自然に感謝する気持ちを忘れずに、心が豊かになるように過ごしましょう。緑色は、自然の色であり、生命や成長や安定を象徴する色で、安心やバランスや癒しや平和などのメッセージがあります。当たり前な日々に感謝する気持ちを忘れずに、楽しく過ごしましょう。

目次

みどりの日の由来

みどりの日の由来は、昭和天皇の誕生日であった4月29日が関係しています。昭和天皇は、自然や生物に深い興味を持ち、生物学者としても活躍されました。そのお人柄にちなんで、緑に関する祝日として名付けられたのだそうです。

当初は、昭和天皇の誕生日として「天皇誕生日」と呼ばれていましたが、1989年に昭和天皇が崩御された後、1990年から「みどりの日」と改称されました。2007年には、祝日法の改正により、5月4日に移動されました。現在は、4月29日は「昭和の日」と呼ばれています。

自然の恩恵に感謝!

みどりの日は、自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむことを目的とした祝日です。自然の豊かさに触れたり、恵みに感謝して五感で感じることがおすすめです。例えば、以下のような過ごし方があります。

  • 公園や森などに出かけて、植物や動物を観察したり、写真を撮ったりする。自然の美しさや多様性に感動したり、自分の知らないことを学んだりすることができます。
  • 庭やベランダなどで、花や野菜などを植えたり、手入れをしたりする。自分で育てた植物の成長が楽しみになったり、食べるときに感謝の気持ちが湧いたりすることができます。
  • 親子で植物に関するクイズや絵本を楽しむ。植物の名前や特徴、花言葉などを覚えたり、季節の行事や文化について知ったりすることができます。

このように、体と心で自然とのつながりを感じることで、自然に感謝する気持ちを忘れずに、楽しく心豊かに過ごしましょう。

緑色のメッセージ

緑には、安心やバランスや癒しや平和などのメッセージがあります。緑色は、自然の色であり、生命や成長や安定を象徴する色です。心や体をリラックスさせ、ストレスや疲労を和らげる効果があり、調和や平等や協力を促し、寛容や優しさを感じさせます。

緑色は、平和や希望や信頼を表し、前向きな気持ちを与えます。このような日に、緑豊かな地球を大切にしたり、世界の平和を願ったり、心のバランスや体を休めたり、普段当たり前すぎて忘れがちな、自然の恵みに感謝したりすることが、素敵な生き方のきっかけになると思います。

まとめ

みどりの日は、自然とのつながりを感じることで、心が豊かになる日です。自然に感謝する気持ちを忘れずに、楽しく過ごしましょう。

色に興味を持った方は、カラーセラピーについても知ってみませんか?カラーセラピーとは、色の力を使って、心や体のバランスを整えたり、自分の本当の気持ちと向き合うことを目的としたセラピーです。「自分と向き合いたい方は、こちらの記事でカラーセラピスト講座の内容やメリットを紹介しています。[カラーセラピスト講座の内容とメリット]」

色に関するコラムも定期的に更新していますので、ぜひチェックしてくださいね。色のプロとして、色に関するブログをお届けしました。色で自分の世界を広げましょう!

関連記事

  1. 父の日に黄色いバラを贈るのはなぜ?色の力で感謝の気持ちを伝え…

  2. 母の日に赤いカーネーションを贈るのはなぜ?

  3. 【体験レポ】高地トレーニングでミトコンドリア増量!緑色で老化…

  4. 重陽の節句に菊の花を飾ろう!色に関するコラム

  5. 好きなことを仕事に活かす!色で夢を叶える秘訣

  6. コスモスの花色の秘密を知って、もっと魅力に惹かれる!

TCカラーセラピーの講座コース
LINEでお友達登録
カラータイプの講座コース
オンラインカウンセリングで予防対策

アーカイブ